イチ押し絵本情報

妖怪×俳句で風流を楽しもう(新刊絵本のご紹介 Vol.346)

2021年7月26日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 妖怪×俳句で風流を楽しもう

石津ちひろさんさんの俳句と広瀬克也さんの絵を組み合わせた絵本『妖怪俳句』が出版されました(本体1500円+税、絵本館)。

見開き

『妖怪横丁』をはじめとする妖怪シリーズの最新作。

新年、節分、春、夏、秋、冬、おおみそか。妖怪達の一年間を63の俳句でつづります。いったんもめん、のっぺらぼう、ぬりかべ、ろくろくび、ざしきわらしなど、それぞれの妖怪らしさが漂う俳句をお楽しみあれ。

<作者(絵)・広瀬克也さんからのコメント>
今回はちょっと趣を変えて、『妖怪俳句』です。石津ちひろさんと一緒につくりました。石津さんの俳句にはユーモアがあふれている。妖怪だからこその楽しさ、とんでもなさ、ときには哀しさも詠まれています。なかには意外な一面を詠んだ変化球もある。それを「う~ん、そうきたか」と頭をかかえて描くのも、とても楽しかったです。

俳句でつづる一年間。妖怪達も、のびのび楽しそうです。ぜひ、楽しんでください。

これまでの妖怪シリーズとあわせて読むと、より一層楽しめます。読み終わったら自分でも一句詠みたくなるかも? 現在、オリジナル妖怪俳句大募集のキャンペーンも開催されています。詳しくは絵本の帯、絵本に挟み込まれた応募はがきをチェックしてみてくださいね。

▼石津ちひろさんのインタビューはこちら
「絵本で楽しもう 親子のコミュニケーション」

▼広瀬克也さんのインタビューはこちら
「親も絵本の中身をちゃんと見て、納得して絵本を選んであげてほしい」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)