イチ押し絵本情報

夏の池に出かけてみよう(季節のイチ押し絵本 Vol.347)

2021年7月27日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 夏の池に出かけてみよう

海水浴もいいけれど、夏の池で自然観察会なんていかがでしょう。どんな水辺の生き物が見つかるかな? まずは絵本でチェックしてみてください。

メダカにアメンボ、ザリガニ、オオナマズ…夏の池にすむ生き物と、それを捕まえようと、網とバケツを持って池に足を踏み入れる子ども達の様子を描いた一冊。晴れ渡った空の青、草木の緑、澄みきった池の水色。鮮やかな色彩と大胆な構図で、夏の暑さや水の冷たさ、音や匂いまでもが伝わってきます。

暑い夏。お昼を食べると、子ども達はとんぼ池に遊びに出かけます。キイトトンボにモノサシトンボ、オオルリボシヤンマ、ショウジョウトンボ。ギンヤンマにシオカラトンボ。草の先に並んだノシメトンボ。たっぷり遊んだら、アカトンボと一緒に帰りましょう。14ひきのシリーズの11作目。

げぇこ げぇこ げぇこ…森の中の小さな池で、あまがえるくんが鳴いています。夜明けに雨が上がると、トラマルハナバチやコアオハナムグリ、キイトトンボなど、様々な虫達が池に集まってきます。ぶんぶんぶんぶん、ぴちゃぴちゃぴちゃ、ぱらっぱらっちゃぽーん。池のほとりで耳を澄ますと聞こえてくる、生き物達の音を描いた一冊です。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)