イチ押し絵本情報

電車と線路が、寄り道をしちゃったら?(新刊絵本のご紹介 Vol.310)

2020年11月9日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 電車と線路が、寄り道をしちゃったら?

丸山誠司さんの絵本『でんちゃんと せんちゃん』が出版されました(本体1300円+税、鈴木出版)。

見開き

朝です。電車のでんちゃんと線路のせんちゃんの一日が始まります。駅では人が待っているよ。けれど好奇心旺盛なせんちゃんは寄り道ばかり。でんちゃんはハラハラ。大丈夫かな? そんな時、大きな雷と共にかみなりちゃんが落ちてきてしまって…。

好奇心旺盛なせんちゃんと、慎重派のでんちゃん。正反対のふたりはとてもいいコンビ。寄り道がふたりにすてきな出会いをもたらしますよ!

<作者・丸山誠司さんからのコメント>
電車も、たまにはいつもと違う場所に行ってみたいんじゃないかなーと思ったのがはじまりです。もしも、線路があっち行ったり、こっち行ったりフラフラしだしたら電車はどうなっちゃう? と想像が膨らみました。

ちょっとした寄り道が好きです。へーという発見があって、気分転換になったりします。でんちゃんとせんちゃんも寄り道で何か変わったかなぁ。

いつもの散歩道からちょっと外れて寄り道をしたくなる、軽やかな絵本ですよ。

▼丸山誠司さんのインタビューはこちら
「理屈ぬきで面白い! そう笑ってもらえたらうれしい」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)