イチ押し絵本情報

亀の甲より年の劫(季節のイチ押し絵本 Vol.199)

2018年9月4日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 亀の甲より年の劫

今年の敬老の日は9月17日。今回はおじいちゃん、おばあちゃんの経験の豊かさを物語る絵本をピックアップしました。以前ご紹介した記事「おじいちゃん、おばあちゃんの絵本」「大好き! おじいちゃん、おばあちゃん」「頼りになる! おじいちゃん、おばあちゃん」も合わせてご覧ください。

手を洗う前に「ひじまで袖をまくらんかい。気持ち悪くなるぞ~」、ごはんの時には「皿をそばに持ってこないと、悲しいことになるぞ~」と言うおじいちゃん。確かに袖は水でびしゃびしゃに、唐揚げは床に落ちてしまった…おじいちゃんは預言者!? 経験に基づいたおじいちゃんのアドバイスが身に染みます。身近なことわざの紹介も。

もったいないことをしていると、やってくるもったいないばあさん。お茶碗に残したごはん粒だけでなく、ぼくの顔についているごはん粒もペロリ。紙や鉛筆もばあさんにかかればすてきに変身します。ロングセラー&名作ピックアップでも紹介しています。

ヨゼフが赤ちゃんの時、おじいさんがブランケットを縫ってくれました。ブランケットが古くなると、おじいさんはブランケットをすてきなジャケットにつくり変えます。ジャケットが古くなるとベストに、ベストが古くなるとネクタイに…。物を大事にする知恵とおじいさんの愛情が詰まったすてきなお話。軒下でくり広げられるサイドストーリーにもご注目ください。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)