スペシャルインタビュー

高野優さんに聞きました! 第3話<全4話>

photo

今回は、育児漫画家、イラストレーター、育児番組でもおなじみの高野優さんがご登場。3人の娘の育児を、飾らず体当たりでユーモアと愛を忘れず描き、子育て世代からの支持を集める高野さん。育児漫画を描き始めたのは「妊娠って面白い!」という発見からだそう。幼少期のこと、絵本との再会、ご主人が亡くなられた後に描いた初の絵本などたっぷりとお話いただきました。4週連続でお届けします。

第1話第2話|第3話|第4話

高野優さん

高野 優(たかの ゆう)

北海道出身。イラストレーター、漫画家、エッセイスト。『高野優のコドモ☆スクランブル JUMP!』(講談社)、『みつばのクローバー』(主婦の友社)、『思春期ブギ』(ジャパンマシニスト社)など育児漫画、エッセイの著作は約40冊。Eテレ育児番組の司会を3年間務めたほか、講演会で全国を巡る。絵本作品に『よっつめの約束』。大1、高2、中1の3姉妹の母。※学年は2015年8月現在(プロフィール写真撮影・刑部友康)。
http://www.k4.dion.ne.jp/~alamode/

絵本をいつでもどこでも読めるように工夫

100万回生きたねこ

▲何度も生まれ変わり、あらゆる時代のいろいろな飼い主に飼われてきたねこは、のらねことして生きた時、初めて自分を好きになり、他のねこを好きになり、家族を愛しました。『100万回生きたねこ』(作・絵:佐野洋子、講談社)

子どもは3人とも、絵本が好きでしたね。私が工夫したのは、「いつでもどこでも読めるようにしよう」ということ。手に取りやすいようにカバーは捨てちゃう! そして、例えばテレビで昆虫が出たら、あの虫は何か調べたりできるようにテレビの下に。他にもお手洗いや、しわしわになっちゃう覚悟の上でお風呂場など、とにかくいろんなところに絵本を置いていたんですね。

長女は『100万回生きたねこ』が、小さい頃から好きで、10歳頃に読んでまた感激していました。ちょうどその頃に学校で点字を習ったんですね。それで点字キットを買って、夏休みの課題に『100万回生きたねこ』を全部点字でつくったんです。目が不自由な方にも、自分が大好きな絵本を読んでほしいって。次女は、文章より絵が好きみたいで、レオ・レオニさんの『スイミー』のポストカードを今も部屋に貼っています。

三女は中でも一番本が好きですね。「バムとケロ」シリーズが好きで、新作が出るたび買っていました。小学校の高学年の時に、低学年の子に読み聞かせするというので、『おおきな木』『ちいさいおうち』を学校に持って行ったんです。その時に「もしもなくしたら!?」って思ったんでしょうね。いろんなところにテープで名前を貼りまくっていました(笑) それだけ大事にしていたんでしょうね。

妊娠って面白い!から始まった育児漫画

会員登録後、インタビューの続きをご覧いただけます。

ミーテでは、スペシャルインタビューの他にも、子育てに絵本を取り入れている先輩ママ・パパのお声もたくさんご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

高野優さんのインタビューはまだまだ続きます。

高野優さんイラスト

学校を出てから札幌でデザイン事務所に入って、テレビコマーシャルとか雑誌のイラストの仕事をしていました。すぐにフリーになって、その後東京に出てきたんですね。

ある時、主婦の友社さんからイラストの仕事をいただいた時にお腹に赤ちゃんがいたんです。その頃の育児漫画って「育児って大変!」ということが前面に出ているものが多かった。でも実際自分のお腹に赤ちゃんがいたら、面白かったんですよね。おへその周りにすごく毛が生えたり、つわりも私は食べに食べましたし、炭酸ばっかり飲んだり、急に大工仕事に目覚めたり(笑)


高野優のコドモ☆スクランブル JUMP!

▲3姉妹の母・高野さんが、寄せられた子育ての悩みに、ユーモアと愛たっぷりに答える育児漫画『高野優のコドモ☆スクランブル JUMP!』(講談社)。

そんな話をしていたら、同席されていた編集部の方が「それを漫画に描かない?」と言ってページを用意してくださったんですね。漫画を描くのは初めてで、吹き出しもどうやって描いたらいいかわからない状態からのスタートでした。でも1、2か月なら記念になるかな…と思って始めたことが、まさかの19年間。今に至るまで描いているという(笑)

連載を始めると、漫画を読んだお母さん達からお手紙が届くようになりました。私自身札幌から東京に来て結婚して、周りに友だちがいなかったから、この反響はうれしかったですね。読んでみると、みんなそれぞれ孤独なんです。実家に住んでいても、地元でも、自分だけが社会から置いて行かれているような、子育て中の独特の孤独感。それでもみんな頑張っているんだと、私はすごく励まされたし、漫画を読んで「私もがんばろう」と思ってくださった方もいるのかなって。お互いさまで、させてもらっていると感じます。

高野優さんのインタビューはまだまだ続きます。

 合わせて読みたい
ミーテに登録したらどうなるの?はこちら
スペシャルインタビュートップはこちら

ページトップへ