わが子にどんなうた・絵本をえらべばいい?

0歳のお子様のママにおすすめ

0歳の赤ちゃんに読み聞かせはまだ早いのでしょうか? 実はこの時期だからこそのよい効果があるようです。 0歳のお子様への読み聞かせについて会員の皆さんのお声をご紹介します。

 赤ちゃんはママのやさしい語りかけが大好き

赤ちゃんにとって、ママのほほえみややさしい語りかけは、心地よさや安心感を与え、親子のきずなを育んでいきます。絵本の読み聞かせなどの言葉のやりとりは、ママと同じものを見ながらママのことばをたくさん聞き、心を通い合わせることができるので、子ども自身のコミュニケーション力や学ぶ力の元になっていきます。 以下、実際のママのお声をご紹介します。

1冊の絵本で感じた子どもの成長

生後1~2か月頃は、気に入ったページの特定の場所を見せると笑顔になり、生後8か月の今は、声をあげて笑うようになり、私が指さしをしなくても目で追うように! たった1冊の絵本ですが、同じ絵本を通して感じた子どもの成長に感動しました。

子どもの絵本好きに癒される時も

私がイライラしている時、笑顔で絵本を持ってきて、私のひざで「いないいないばあ」をやってくれ、とても癒されました。私も笑顔でいないとなあ!と思わせられます。

 何を選べばいいの?

先輩ママ・パパが0歳のお子様におすすめする絵本を、実際のお声と合わせてご紹介します。

どんな絵本を読んでいたの?

第1位
じゃあじゃあ びりびり
じゃあじゃあ びりびり
作・絵:まつい のりこ
偕成社

娘の場合、ぐずったら抱っこひもに入れないとどうしようもないので、抱っこしながらの読み聞かせ。そんな時は、『じゃあじゃあ びりびり』くらいの小さめサイズの絵本が便利です☆ お出かけする時も持っていきやすいです。 (0歳5か月女の子のママ)

第2位
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん
作・絵:安西 水丸
福音館書店

赤ちゃんに身近な哺乳瓶やバナナなどが、走っている汽車に乗り込んでいきます。絵が可愛く、「のせてください」のくり返しのリズムも心地よく、娘もお気に入りのよう。まだ0歳ですが、心をこめて読んであげると、ちゃんと反応してくれているようで、うれしくなります。 (0歳1か月女の子のママ)

第3位
だるまさんが
だるまさんが
作・絵:かがくい ひろし
ブロンズ新社

赤ちゃんは、丸いものやハッキリした色が好きと聞いたことがありましたが、本当に『だるまさんが』の赤くて丸いだるまさんの絵に釘付け! これは凄い! 今までの絵本は、「何となく眺めている」感じだったのに、これは「目の輝きが違う!」と感じられ、読み聞かせをする方もすごくテンションが上がります!(笑)  (0歳3か月女の子のママ)

ミーテでは様々な絵本を、実際に読み聞かせをしたママ・パパのお声と一緒にご紹介しています。お気に入りのうたや絵本を見つけて、子育てライフを楽しみませんか。

 合わせて読みたい
「ファーストブック」におすすめの絵本はこちら
「寝かしつけ」におすすめの絵本はこちら
ミーテに登録したらどうなるの?はこちら

ページトップへ