他のママはどうしているの?

いろんな子育ての悩みにも絵本!

2歳になると、絵本は楽しいだけでなく、「絵本が子育てシーンに役立った!」ということも。2歳ママの実際のエピソードをご紹介します。

 家事が忙しい時にも助かっています

こぐまちゃんおはよう
こぐまちゃんおはよう
作・絵:わかやま けん
こぐま社

始めは、目に見える反応がそれほどない時期が続き、「読み聞かせって本当に意味があるの?」と思うことの方が多くなり、悩んだ時期も。それでも、頻度は気にせず、自分が楽しみながら続けよう!と気持ちを切り替えました。

今では、絵本が大好きで、まだ字は読めませんが、お話を覚えているお気に入りの『こぐまちゃんおはよう』を、上手に妹に読み聞かせてくれ、家事で忙しい時にとても助かっています。

 トイレトレーニングに絵本が役立った

画像

「絵本が役立った!」と思い出すのは、上の子のトイレトレーニングの時です。『うんちがぽとん』などを何度も読むことで、絵本に出てくるおまるやトイレに興味をもち、自分からすすんでトイレに行くように。子どもと一緒に楽しみながらトレイトレーニングができる絵本の力ってすごいなと思いました。

小さい頃から読み聞かせをしていたからか、上の子は1日のできごとや自分が感じたことを話して聞かせてくれるなど、ことばでのコミュニケーションがとれるように。下の子もことばの理解が早いように思います。

ミーテでは、マタニティ・0歳・1歳・2歳など乳幼児のお子様をもつママ・パパが、うたや絵本の子育てを楽しみ、記録をつけています。大切なお子様の成長と子育ての軌跡をミーテで残してみませんか。

 合わせて読みたい
トイレトレーニングにおすすめの絵本はこちら
イヤイヤ期におすすめの絵本はこちら

ページトップへ