イチ押し絵本情報

ゴミがテーマの絵本で、環境問題を身近に(季節のイチ押し絵本 Vol.338)

2021年5月25日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 ゴミがテーマの絵本で、環境問題を身近に

6月5日は環境の日。絵本を読んで、環境問題を身近に感じてみませんか? 特にゴミがテーマの絵本を集めました。

本の両側から読める絵本。「やまからにげてきた」は、山からたぬきの親子に大小の虫、鳥などの生き物が「たすけて」と言いながら逃げてきます。何から逃げているの? 「ゴミをぽいぽい」は、たくさんの人が様々な理由でものを捨てています。その先には一体何が? ゴミを捨てるライフスタイルの先に何が待ち受けるのか、迫力ある絵で問いかけます。

海の近くに住むステラはカモメと仲良し。でもある日カモメがプラスチックを飲みこんでしまい、入院することに。原因となった浜辺のゴミをきれいにするために、「おそうじパーティー」を開くことにしました。子どもの小さな行動が、大きな変化を生むことを伝えてくれます。

ゴミみたいだけどゴミじゃない、宝物コンテストを開催します。消しゴムのかすは、集めると練り消しに。食パンの袋を止めるクリップは、おしゃれアイテムに。段ボール箱は人形のベッド、ビニール袋は風船など、子どもらしい発想でゴミから生まれた宝物が、85個紹介されています。ゴミの大変身に大人も目からうろこが落ちるかも。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)