イチ押し絵本情報

小さな子に向けた交通ルールの絵本(新刊絵本のご紹介 Vol.336)

2021年5月17日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 小さな子に向けた交通ルールの絵本

きだにやすのりさんの文、わたなべあやさんの絵による絵本『おさんぽの おやくそくだもの』が出版されました(本体900円+税、あかね書房)。

見開き

りんごくんと、あおりんごちゃんが、くだもの公園に出かけます。途中で自転車とすれ違ったり、車がこちらに向かってきたり…そんな時はどうしたらいいのかな?

信号が赤の時は止まること、横断歩道を渡る時は左右をしっかり確認すること。交通ルールを小さい子どもにもわかりやすく伝える絵本です。

<作者(絵)・わたなべあやさんからのコメント>
交通安全のボランティアをしたことがきっかけで、この絵本をつくろうと思いました。幼稚園で行う交通安全教室があって、そこで読んでもらえる絵本があったらいいなと思ったからです。2歳ぐらいからでもわかりやすく、交通ルールで本当に伝えたいことを入れました。元気な「りんごくん」達や、登場する「ぶどうじてんしゃ」や「ももじどうしゃ」にも注目して読んでみてください。

<作者(文)・きだにやすのりさんからのコメント>
絵を描いているわたなべあやさんには、「おやさい生活えほん」という人気シリーズがあります。かわいい野菜のキャラクター達が、生活習慣を楽しく教えてくれる絵本です。いつかは「くだもの絵本」も一緒につくりたいと思っていて、今回実現しました。テーマは交通安全です。横断歩道に信号機。手をつないで歩くこと。信号もりんごも「緑なのに青と言われる」ところが面白いですよね。読んでくれる子ども達が親しんでくれるとうれしいです。

『おやすみやさい』『ごめんやさい』でキュートな野菜の仲間達を描いてきた、わたなべあやさんの絵による、くだもの達が登場する交通ルールの絵本。お散歩の前に読んでみてくださいね。

▼わたなべあやさんのインタビューはこちら
「ナンセンス絵本で親も子もハッピーに!」
赤ちゃん絵本を楽しもう!『おやすみやさい』に込めた思い


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)