イチ押し絵本情報

ひそひそ、こしょこしょ、夜中にベッドを抜けだしたら…(新刊絵本のご紹介 Vol.329)

2021年3月29日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 ひそひそ、こしょこしょ、夜中にベッドを抜けだしたら…

うちむらたかしさんの絵本『ひそひそ こしょこしょ』が出版されました(本体1500円+税、クレヨンハウス)。

見開き

夜中にぱちっと目が覚めて、こっそり外へ出たヒツジのきょうだい。皆が寝静まる中、川や森を抜け、広い場所に出るとおばけがパーティーをしていて…!?

昼なら気づきもしないような川の音、木々を渡る風の音、そして思いもしない出来事にドキドキ、ワクワク。そして小さな冒険から帰るといつもの家が待っていて、ほっとしておやすみなさい。寝る前にひと遊びしたがる子どもに、おすすめの絵本です。

<作者・うちむらたかしさんからのコメント>
絵本『ひそひそ こしょこしょ』は、別々に考えていたふたつのアイディアが、組み合わさってできました。ひとつは「ささやき声で読む絵本」というアイディアです。もうひとつが「触覚的な音」の絵本、というアイディア。落ち葉を踏んだときのような、「触覚」を想い起こさせる音で、絵本がつくれないだろうか…。これまでの2冊『うみ まだかな』『ネコのみち』とは違って、夜が舞台の絵本をつくろうと考えていたときに、ふたつのアイディアが、お互いに顔を合わせたのです。

会話や、ざわざわ、ガサガサいう音をささやき声で読むと、実際にヒツジ達と一緒に体験しているような不思議な感覚になりますよ!


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)