イチ押し絵本情報

絵本の中で咲くあじさい(季節のイチ押し絵本 Vol.239)

2019年6月18日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 絵本の中で咲くあじさい

雨が似合う花といえば、あじさい。美しいあじさいを眺めていれば、雨の日だって楽しくなってきませんか。絵本の中にも、あちこちであじさいが咲いていますよ。

あめあめぱらん、ぽつぽつぱらん。雨の中、黄色い傘とレインコート姿で歩く子どもの姿が「みずたままるい、まるいはボール、ボールはとぶよ、とぶのはぼうし…」というリズミカルなことばの連なりとともに、やわらかなタッチの水彩画で描かれています。楽しく美しい雨の情景が豊かに広がる一冊です。

お気に入りの長靴をはいて、レインコートを着て、傘さして、いってきまーす。あめふりさんぽ、ちゃぷちゃぷちゃぷ。かたつむりさん、あじさいさん、おたまじゃくしさんやかえるさんと女の子との出会いが、楽しい雨音とともに描かれます。雨降りの日の魅力を感じる絵本です。

梅雨明け間近の夏のこと。雷が鳴り響く大雨の日、ひとりであじさいを見に谷へと出かけたヤマネくんを心配したクマさんは、雷が怖いにもかかわらず、ヤマネくんを捜しに走り出します。「おおきなクマさんとちいさなヤマネくん」シリーズの4作目。雨の森に咲き誇るあじさいとともに物語を楽しんで。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)