イチ押し絵本情報

いつだって前向き! ノリノリで楽しめるねこのお話(ロングセラー&名作ピックアップ Vol.221)

2019年2月14日

毎週木曜日は、ママ世代にとっても懐かしい、世代を超えたロングセラー&名作絵本をご紹介します。

 いつだって前向き! ノリノリで楽しめるねこのお話

今回ご紹介する絵本は、アメリカの作家エリック・リトウィンさんとジェームス・ディーンさんによる絵本『ねこのピート だいすきなしろいくつ』です。2008年に出版された原書は、ニューヨークタイムズベストセラーリストで46週ランクインを記録。日本では、大友剛さんの訳と長谷川義史さんの文字画で2013年に出版されました。

新しい白い靴でお出かけした、ねこのピート。うれしくて、「白い靴、かなり最高!」と歌いながら歩きます。ところが、いちごの山に登ってしまって、お気に入りの靴は真っ赤に。でも、ピートは悲しんだりしません。それどころか、こんな風に歌いだします。「赤い靴、かなり最高!」

見開き

その後もピートの靴は行く先々で色を変えていきます。ブルーベリーの山に登って青になったり、どろんこに入って茶色になったり、しまいには、水に入ってびしょびしょに。でも、何があっても前向きでいることを信条とするピートは、お気に入りの靴がどんな風になってしまっても、うたを歌いながら前に進んでいきます。なんとも魅力的でかっこいいねこ、それがピートなのです。

この絵本が人気になった最大の理由は、歌いながら楽しめる絵本だということ。巻末には楽譜と歌詞がついています。シンプルなメロディーなので、一度でも聴けばすぐに覚えてしまうことでしょう。

「ピートの靴は何色になった?」「赤!」「ピートは泣いてる?」「泣いてない!」というかけあいも、読み聞かせを盛り上げてくれます。楽しいかけあいと歌、カラフルな色使いの絵で、読んでいて元気がもらえる絵本です。

<ミーテ会員さんのお声>
簡単なうたと楽譜もついていて歌いながら読み聞かせ。子どもも「もう一回読んでー」とエンドレス。 神経質だった息子も、スーパーポジティブなピートの考えに感化され、ピンチの時は「これはいいかもー!」とすっかりピート気分♪(5歳0か月の男の子のママ)

続編の『ねこのピート だいすきなよっつのボタン』『ねこのピート はじめてのがっこう』も楽譜付き。歌の動画は「ねこのピート」のサイト(http://nekonopete.jp/)でチェックできます。親子一緒に元気よく歌って盛り上がりましょう♪


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)