イチ押し絵本情報

楽しくうがいができる絵本(新刊絵本のご紹介 Vol.218)

2019年1月28日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 楽しくうがいができる絵本

『いしゃがよい』でおなじみの絵本作家さくらせかいさんの新作『うかいのうがい』が出版されました(本体1300円+税、ブロンズ新社)。

見開き

イー、アール、サン、スー、ウーの5羽の鵜と一緒に、いかだに乗って川にやってきたハンさんは、川に飛び込んで魚をとるよう5羽の鵜に教えますが、いくら教えてもうまくとることができません。しまいには喉を痛めてしまって、がらがらうがいを始めました。5羽の鵜も面白がって、「がらがら うーうー がらがら うー」。すると、不思議な音を聞きつけた魚がいかだの周りに集まってきて…。

鵜飼いの鵜が魚を飲み込み、吐き出す様子から「うがい」ということばが生まれたんだとか。その語源をもとに生まれたお話です。

<作者・さくらせかいさんからのコメント>
ボクは絵を描く時、こんなことがあったら面白いなぁ、と思いながら描いています。20年前、鵜が「うがい」していたら面白いと思い描いた絵があり、その絵をもとに、この物語が生まれました。実は、描いた時は「うがい」が鵜飼いからきているとは、知りませんでした。

創作中は二胡の音を聞きながら、壮大な桂林の河で、気分は鵜飼いになり、鵜達がとっても愛おしくなりました(笑) 子ども達には、うがいを楽しんでもらえるとうれしいですね。

みんなで一緒に「がらがら うー」。風邪をひきやすいこの季節にぴったりの、うがいが楽しくなる絵本です。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)