イチ押し絵本情報

時計と時間の絵本(季節のイチ押し絵本 Vol.185)

2018年5月29日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 時計と時間の絵本

6月10日は「時の記念日」です。時間の大切さや、時計がないとどうなるかなど、絵本を読んで親子で考えてみませんか?

時計の国の王様の顔には、長い針と短い針がついていて、いつも正確に時間を刻んでいます。国中の時計はすべて王様の時計の通りに進み、何時に何をするかも細かく決められていて、時間を守らない者は牢屋に入れられました。ところがのんびりやの王様は、時間に縛られることが嫌になって…。

小さな青い目覚まし時計のあおくんは、時計屋さんの棚の上で、誰かが買いに来てくれることを心待ちにしていました。そんなある日、男の子に気に入られて、お父さんのプレゼントになります。お父さんは目覚まし時計を7時にセット。あおくんは無事ベルを鳴らせるかどうか、ドキドキして…。

チョーシンくんは、はるこちゃんちの時計の長い針。近頃なんだか楽しくなくて、時計の針でいることに嫌気がさしたチョーシンくんは、ある日、時計から飛び出して外の世界へと向かいます。そして、自分にあった役目を探し求めて、いろいろなものに挑戦してみますが…。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)