イチ押し絵本情報

とことんお風呂を楽しむ、強面のワニ(ロングセラー&名作ピックアップ Vol.25)

2015年4月16日

毎週木曜日は、ママ世代にとっても懐かしい、世代を超えたロングセラー&名作絵本をご紹介します。

 とことんお風呂を楽しむ、強面のワニ

今回ご紹介する絵本は、小風さちさんの文、山口マオさんの絵による人気作『わにわにのおふろ』。「わにわにのえほん」シリーズの1作目です。

表紙には、タオルを頭に乗せて湯船につかるワニの姿。このワニが、なんともワイルドなのです。子ども向けの絵本の主人公なのに、ちっともかわいくない…それどころかリアルで迫力満点。こわいぐらいです。

そんなワニが普通に人間の暮らしに溶け込んでいる、というのがこの絵本の面白いところ。お風呂が好きな“わにわに”は、器用に蛇口をひねってお湯をため、お気に入りのおもちゃを浮かべて、お風呂を楽しみます。

わにわにのおふろ

お風呂によじのぼる時の「ずるずりずるずり」、湯船にダイブした時の「じょろろーん!」、タオルで体を拭く時の「ぐにっぐにっぐなっぐなっ」など、独特の擬音語・擬態語も魅力のひとつ。強面な“わにわに”もなんだかお茶目に見えてきます。

山口マオさんは“わにわに”を描くにあたって、熱川バナナワニ園で本物のワニを観察されたとか。だからこんなにワイルドなんですね。

<ミーテ会員さんのお声>
最近の一番のお気に入りは『わにわにのおふろ』。お風呂が大嫌いで、いつも泣き叫んでいたので、お風呂が出てくる本を探していたのです。この絵本を読むようになってから3日目くらいで、自分から服を脱ぐくらいお風呂好きに♪ (1歳10か月の女の子のママ)

洗面器をかぶって、シャワーをマイクに「うりうりうりうり オーイェー」と歌うシーンは、子どもたちの心をわしづかみに。お風呂が楽しくなる絵本です。

▼山口マオさんのインタビューはこちら
「絵本はいろんな人生を疑似体験させてくれる」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)