イチ押し絵本情報

絵探しの楽しさに、「もう1回!」(ロングセラー&名作ピックアップ Vol.4)

2014年11月13日

毎週木曜日は、ママ世代にとっても懐かしい、世代を超えたロングセラー&名作絵本をご紹介します。

 絵探しの楽しさに、「もう1回!」

今回ご紹介する絵本は、人気絵本作家・五味太郎さんのロングセラー絵本『きんぎょがにげた』。

きんぎょが、にげた。どこに、にげた。また、にげた。こんどは、どこ…。金魚鉢から逃げ出した金魚は、カーテンの模様に隠れたり、花のふりをしたりします。親子でやりとりが楽しめる絵探しの絵本です。

1982年初版。キャンディーやイチゴに隠れた金魚を見つけた瞬間、子どもの笑顔がピカッとはじけること請け合いの、一緒に読んで楽しい絵本です。金魚を探しながら絵の隅々まで見たり、上手に隠れる金魚を追って次のページをめくりたくなったり。そんな絵本を端から端まで楽しむやり方を、自然と教えてくれます。

五味太郎さんの絵の、シンプルな形と鮮やかな色も大きな魅力。「絵探しはまだかも…」と思うような月齢の赤ちゃんにもおすすめです。

<ミーテ会員さんのお声>
「以前読んだ時は、どこに金魚がいるのかわからなかった娘ですが、昨日から見つけた金魚を指さすようになりました!(1歳1か月女の子のママ)」

見つけて楽しくて「もう1回」、ママ・パパの反応がうれしくて「もう1回」。親子のやりとりで、楽しさが倍増する絵本です。

▼五味太郎さんのインタビューはこちら
「おもしろいから絵本にする、ただそれだけ」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)