イチ押し絵本情報

絵本を使って、赤ちゃんと楽しくやりとり(新刊絵本のご紹介 Vol.126)

2017年4月10日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 絵本を使って、赤ちゃんと楽しくやりとり

とよたかずひこさんの絵本『だれかな? だれかな?』が出版されました(本体900円+税、アリス館)。0歳から楽しめる「はなしかけえほん」シリーズの新作です。

見開き

水の中にいるのは、だれかな? 赤い色をしているよ。きんぎょさんだ!
「きんぎょさーん」「はーい」
上手にお返事できました。パチパチパチパチ~。

指さししたり、呼びかけたり、返事をしたり、拍手したり…やりとりが楽しい参加型絵本。絵を見ながら、赤ちゃんにたっぷり話しかけてみましょう。

<担当編集者からのコメント>
「『はなしかけえほん』つくりませんか?」と話しかけると、とよたさんの目がキランとしました。この絵本は、まずシリーズ名から決まりました。その特徴は、テキストが読者に「はなしかけ」ていること。絵をみて、発見し、出てくる言葉がそのまま文章になっているのです。

1巻目『なにたべているのかな?』は、読み聞かせが苦手なお父さんも何度も読んでいると感想をいただきました。育児応援を意識したこのシリーズ。ぜひ読んでください。

「パチパチパチパチ~」のところで一緒に拍手。読み聞かせするママやパパも思わず笑顔に! 親子のコミュニケーションをより楽しくしてくれる絵本です。

▼とよたかずひこさんのインタビューはこちら
「絵本を通じて、子どもにエネルギーを与えたい」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)