イチ押し絵本情報

ぼくとかげは、いつも一緒(新刊絵本のご紹介 Vol.100)

2016年10月3日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 ぼくとかげは、いつも一緒

2003年に月刊「ちいさなかがくのとも」で刊行されていた絵本『かげはどこ』が単行本化されました(本体900円+税、福音館書店)。

見開き

ぼくとかげは、いつも一緒。ぼくが走れば、かげも走る。ぼくが高いところに登ると、かげはどうなるかな? プールに飛び込むと、どうなるかな? ゆらゆら、かくかく、びよーん…変幻自在のかげと戯れる男の子の姿が楽しげに描かれています。

かげの不思議をわかりやすく、リズミカルな文章で表現したのは、絵本作家、翻訳家としてもおなじみの詩人・木坂涼さん。絵を担当したのは、NHK朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」のオープニングアニメの原画を手がけた切り絵作家の辻恵子さんです。

<作者(文)・木坂涼さんからのコメント>
「かげ」って不思議。そして面白い! 伸びたり縮んだり、急にあらわれたり、消えちゃうこともある。『かげは どこ』を読んだら、主人公の男の子みたいに、自分のいろんな「かげ」を見つけてほしいな。公園のブランコに乗ったら、「かげ」はどんな風になるかな? 小さな小さな石にも、「かげ」はあるかな? 「かげ踏み」っていう遊びもあるね。踏まれても痛くない遊び。かげはずーっと一緒。友だちのひとり。

<作者(絵)・辻恵子さんからのコメント>
『かげは どこ』は私にとって初めての絵本の仕事でした。絵の素材には、一部、既成の紙や、新聞紙も使っていますが、主に厚紙を裂き、色をつけたものを使用しました。ざらりとした質感が、シンプルな白い背景に映えて嬉しかったのを覚えています。扉ページ、少年が鳥を見上げ、絵としては目立たない白い鳥のかげが黒々と地面にある、という絵。これは絵本を制作中に実際に、地面に写った鳥のかげに「はっ!」とした景色を絵にしました。

読み終わったらすぐにでも、かげで遊んでみたくなるはず。身近な科学に楽しく触れられる絵本です。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)