イチ押し絵本情報

秋の森で起きたこと(季節のイチ押し絵本 Vol.362)

2021年11月9日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 秋の森で起きたこと

色づく秋の森では、すてきで楽しいことがたくさん起きていました。絵本を開いて、一緒にのぞきに行ってみましょう。

小さなものが好きなクマさんと、大きなものが好きなヤマネくんは、出会ってすぐに森で一番の仲良しになりました。ある日ふたりは森のケーキ屋さんでケーキを食べ、プレゼントに苗をもらいました。クマさんは小さな苗、ヤマネくんは大きな苗。一生懸命に育てると…。「おおきなクマさんとちいさなヤマネくん」シリーズの第1作。物語と共に、夏から秋へと移り変わる森の様子も楽しんで。

家に帰る途中、けいこは森に迷い込み、動物達とかくれんぼう遊びをすることになります。金色に輝く森の絵の中に、動物達が隠し絵で描かれていますよ。けいこと一緒に見つけられるかな? ロングセラー&名作ピックアップでもご紹介しています。

森は落ち葉だらけ。畑はおいもだらけ。こうなったらしょうがない。焼き芋するぞ! エイエイオー! 森のみんなが声を上げます。ホクホクあちちな焼き芋をおなかいっぱい食べたら、今度はおなら大会!? リスやイノシシ、クマなど森の仲間達の、それぞれのおならの音も楽しい、ユーモアたっぷりなお話です。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)