イチ押し絵本情報

もしも、きんたろうの幼稚園があったら?(新刊絵本のご紹介 Vol.353)

2021年9月13日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 もしも、きんたろうの幼稚園があったら?

やぎたみこさんの絵本『きんたろうようちえん』が出版されました。

見開き

山の上に、きんたろう先生が園長の幼稚園がありました。担任の先生は、くま、おおかみ、さるがつとめます。人間の子どもも動物の子どもも、先生達と一緒に自然の中で遊んだり学んだり。やまんば先生のおいしい給食を食べた後は、木陰でみんな一緒にお昼寝です。ところが、水飲み場からおかしな声がして…。

自然の中で動物達とのびのび過ごす夢のような幼稚園。読み聞かせを聞く子ども達も、きっと通ってみたくなりますよ!

<作者・やぎたみこさんからのコメント>
園長のきんたろう先生は、とてもやさしく、賢く、強く、身体能力もすごくて、 驚くことに動物のことばがわかる…そんな人がいたら、こんな夢のような幼稚園がありえるかもと思いこの話を考えました。

年少組のくま先生は、存分に甘えさせてくれる。年中組のおおかみ先生は、自然の中の危険なことを教え、自分で回避する身のこなしを教えてくれる。年長組のさる先生は、子ども達とお互いにできることを教えあい、一緒に学んだり遊んだり。小さい子の吸収する能力はすごいと思うので、こういう環境で育ったらどうなるかなぁと思いながら描きました。

動物の先生と遊ぶだけでも楽しいのに、もっと楽しいハプニングも待ち受けています。ぜひ書店で手に取ってみて!

▼やぎたみこさんのインタビューはこちら
「絵本はいろんな世界を 体感させてくれる」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)