イチ押し絵本情報

親子の幸せな時間を描いたファーストブック(新刊絵本のご紹介 Vol.332)

2021年4月19日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 親子の幸せな時間を描いたファーストブック

麦田あつこさんの文、森山標子さんの絵によるファーストブック『ねむねむ こうさぎ』と『こうさぎ ぽーん』が2冊同時に出版されました(本体各850円+税、ブロンズ新社)。

こうさぎが、くう すう ぴい…と眠りについたと思ったら、ぱっちりとおめめを開けて、あーんあん えーんえん。お母さんうさぎが飛んできて、やさしくとんとん ゆーらゆら。おやすみなさい。

いたずらこうさぎがぽんと跳ねて、かくれんぼ。お母さんうさぎにすぐ見つかって、すっとこたっとこ、さあ逃げろ! 元気いっぱいのこうさぎとやさしいお母さんうさぎの追いかけっこ。

文の麦田あつこさんは、かがくいひろしさんの「だるまさん」シリーズ、鈴木のりたけさんの「しごとば」シリーズ、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」シリーズなど、数多くの絵本を手がけてきた編集者。この2冊で絵本作家としてデビューされました。絵は、うさぎのイラストレーターとして人気を集める森山標子さんが担当し、うさぎの親子の日常をやさしさあふれるタッチで描いています。

<担当編集者・佐々木紅さんからのコメント>
娘の首がすわってすぐのころ。ひざにのせて絵本をよんだとき、彼女は私の顔ではなくしっかりと絵本を見つめました。その表情は読みとれませんでしたが、つむじから「たのしい!」ってきもちが存分に伝わってくるようで。赤ちゃんと絵本をよむ喜びって、彼らの「反応」を見るのとは別で、彼らの「きもち」を共有することなんだ、とそのとき実感しました。「こうさぎ」絵本2冊は、その喜びを存分に味わえることを目指してつくりました。天衣無縫な皆さんの赤ちゃんとそっくりなこのこうさぎを、赤ちゃんとまるごと愛してかわいがってくださったら、本望です。

何気ない毎日の中にある親子の幸せなひとときを描いたファーストブック。オリジナルメッセージカード付き。2冊セットで、出産祝いなどのプレゼントにもおすすめですよ。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)