イチ押し絵本情報

犬の目線で飼い主家族との生活やきずな描く(新刊絵本のご紹介 Vol.293)

2020年7月13日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 『あめだま』の犬と主人公が小さかった頃

ペク・ヒナさんの絵本『ぼくは犬や』が出版されました(本体1400円+税、ブロンズ新社)。訳は絵本作家の長谷川義史さん。

見開き

犬のグスリは、まだ小さい時にドンドンの家にもらわれてきた。朝になって家族のみんなは出かけるけど、ぼくはいつもお留守番。一番の楽しみは、散歩や! それでちょっと走ったら、ドンドンがこけた。人間の子どもはドンくさいなぁ。けど…。

犬の目線で飼い主家族との生活やきずなを描いています。話題作『あめだま』の主人公ドンドンと犬のグスリが小さい時のお話です。

<担当編集者からのコメント>
犬の視点で人間家族との日常を描いた、泣き笑いの愛の物語です。作者のペク・ヒナさんは“絵本界のノーベル賞”と言われる「2020アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」をこの3月に受賞した絵本作家です。翻訳は、ユーモラスであたたかい作品で人気の絵本作家、長谷川義史さんが、主人公「グスリ」の気持ちを大阪弁で軽快に表現しています。

みどころは、ペク・ヒナさんの作品の特長である、表情豊かな人形。スカルピー粘土を成形して焼き上げ、一体一体、着色して創られています。本文シーンにあわせて、『ぼくは犬や』で作った人形は70体以上。背景セットから照明、そして撮影までも、すべてペク・ヒナさんがひとりで創りあげています。おなじ表情はひとつもなく、シーンに合わせて気持ちが伝わってくる人形にぜひ注目してみてください。

粘土で一体一体作り出した人形の描写が繊細でリアリティーがあり、すみずみまで読みたくなりますよ。

▼長谷川義史さんのインタビューはこちら
「絵本に自然とにじみでる、それまでの生き方」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)