イチ押し絵本情報

このしっぽ、誰のしっぽ?(新刊絵本のご紹介 Vol.290)

2020年6月22日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 このしっぽ、誰のしっぽ?

『なーんだ なんだ』で知られるニューヨーク在住の絵本作家、カズコ・G・ストーンさんの新作『たまちゃんとしっぽ』が出版されました(本体950円+税、童心社)。

見開き

子猫のたまちゃんが何かを見ています。誰かのしっぽです。しっぽ しっぽ だーれの? それは、みみちゃんのしっぽでした。たまちゃんとみみちゃんは、向き合って「おはよう」とご挨拶。次に出てきたのは、グルーン!と長いしっぽ。これは誰のしっぽかな?

「しっぽ しっぽ だーれの?」「しっぽ しっぽ みみちゃんのしっぽ」…リズミカルにくり返す「しっぽ しっぽ」の響きが楽しい絵本です。

<作者 カズコ・G・ストーンさんからのコメント>
『なーんだ なんだ』、『どーこだ どこだ』『だーれかな だーれかな』に続いて、2匹の子猫が登場する『どっちかな?』という絵本をつくろうと、あれこれ試行錯誤している時、今年3歳になった孫娘がオハイオから遊びに来たので、ダミーを見せて読んであげました。すると、英語圏で育っているにもかかわらず「しっぽ」という音が気に入ったらしく、読んだ後で「しっぽ、しっぽ」と連発していたのです。それでタイトルを『たまちゃんとしっぽ』としました。どっちがたまちゃんかは、赤ちゃんが最後のしっぽのページを見た時に自然にわかることと思います。

カズコ・G・ストーンさんは、日米で絵本を出版している絵本作家。赤ちゃん絵本では物足りなくなってきた子には、『サラダとまほうのおみせ』をはじめとする「やなぎむらのおはなし」シリーズもおすすめですよ。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)