イチ押し絵本情報

3時のお茶をしに、みんなで牧場の向こうまで(ロングセラー&名作ピックアップ Vol.281)

2020年4月16日

毎週木曜日は、ママ世代にとっても懐かしい、世代を超えたロングセラー&名作絵本をご紹介します。

 3時のお茶をしに、みんなで牧場の向こうまで

今回ご紹介するのは、こだまともこさんの文、なかのひろたかさんの絵による『3じのおちゃにきてください』。1977年に月刊「こどものとも」の一冊として刊行され、2006年に「こどものとも絵本」としてハードカバー化されたロングセラーです。

まりちゃんが小川のそばでれんげを摘んでいると、笹舟が流れてきました。笹舟に結びつけられた手紙はお茶会への招待状で、「みどりのみどりより」と書かれています。誰だろうと思いつつ、「ケーキをつくってまってます」ということばに釣られて、地図を頼りに行ってみることにしたまりちゃん。途中で出会った友だちのゆきとくんやアリ、リス、アヒルらも合流して、一緒に歩いていくと、「みどりのみどり」の家に到着しますが…。

見開き

小川を流れてきた笹舟に、地図付きのお茶会への招待状が結ばれているだなんて、冒頭からとてもワクワクする展開です。その後はページをめくるごとに、おつかい帰りのゆきとくんや、砂糖をかついだアリ10匹、くるみを食べていたリスらと出会い、仲間がどんどん増えていきます。誰かと出会うたびにくり返される「どこいくの?」「3時のお茶に行くの」といったやりとりも、気分を大いに盛り立ててくれることでしょう。

「みどりのみどり」の正体は中盤でわかるのですが、そこからさらにひと騒動。せっかくつくっておいた大きなケーキを、運んでいる途中で「すってーん!」と派手に転んで台無しにしてしまうのです。これじゃあ3時のお茶ができないじゃない…とがっくりしてしまう子もいるかもしれませんが、そこはご心配なく。最後はみんなの持っていた材料を使って、立派なパンケーキができあがって、無事に3時のお茶を楽しみます。

何枚も重ねた焼きたてのパンケーキには、上からシロップをたっぷりと。みんなで乾杯するシーンを見たら、おなかがぐぅ~と鳴ってしまうかもしれませんね。子どもを惹きつける要素がたくさん散りばめられた、楽しいお話です。

<ミーテ会員さんのお声>
ホットケーキが食べたかったからこの絵本を「読んで」と選んだのか、はたまた、この絵本を読んだからホットケーキが食べたくなったのか、真相は定かではありませんが、絵本を読み終わると「今日のおやつはホットケーキにして~!」と、リクエストが入りました。バターたっぷり、はちみつたっぷりのホットケーキは、確かに魅惑の一皿ですよね。(6歳0か月の女の子と2歳1か月の男の子のママ)

絵は『ぞうくんのさんぽ』でおなじみの、なかのひろたかさん。子ども達の服装が少し昭和っぽくて、懐かしさを感じさせてくれます。読み終わってから、最初のページに出てきた地図を見返してみるのも楽しいですよ。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)