イチ押し絵本情報

ノラネコぐんだんの絵本で英語に親しもう(新刊絵本のご紹介 Vol.236)

2019年6月3日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 ノラネコぐんだんの絵本で英語に親しもう

工藤ノリコさんの絵本『ノラネコぐんだん ふねにのる Noraneko Gundan's going on board!』が出版されました(本体800円+税、白泉社)。累計100万部突破の人気絵本「ノラネコぐんだん」シリーズの最新作で、シリーズ初となる英語も学べるファーストブックです。

見開き

朝、ノラネコぐんだんがリンゴを食べながらお散歩していると、川辺に「Don't touch(さわらないで)」と書かれた舟を発見。好奇心旺盛で自由奔放なノラネコぐんだん、「さわらないで」と書かれていたって、乗らないはずがありません! さて、ノラネコぐんだんの行きつく先は…!?

「Apples(りんご)」「The sun(たいよう)」「River(かわ)」「Boat(ふね)」など、お話はほとんど英単語のみで展開していきます。単語を一つひとつ指さして読み上げるなど、親子でやりとりしながら読み進めると楽しいですよ。

<担当編集者からのコメント>
作者の工藤ノリコさんお気に入りのシーンは、ノラネコぐんだんが宇宙船で地球を飛び立ったところだそうです。ノラネコぐんだんの絵本は、日本だけでなく近隣の国でもたくさんの子ども達が読んでくださっているシリーズなので、「特に地球の絵は、島の形などをできるだけ忠実に描くことを心がけました」。

初めて英語の絵本をつくってみて、「やっぱり『s』(複数形)がとても大事なんだな、と思いました」とのこと。本作では、複数形の「s」のみ、わかりやすいように色を変えてあります。特典の音声サービスも、単数・複数形両方の発音を収録しているので、ぜひ聴き比べてみてくださいね。

英語と関係なく、ノラネコぐんだんならではのドタバタストーリーを楽しむもよし、ノラネコぐんだんと一緒に英語に親しむもよし。お決まりの「ドッカーン!!」の見開きもお楽しみに!

▼工藤ノリコさんのインタビューはこちら
「子ども時代の記憶も日々の暮らしも、すべてが絵本につながっていく」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)