イチ押し絵本情報

目を閉じて、ママと一緒に夢の世界へ(新刊絵本のご紹介 Vol.214)

2018年12月24日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 目を閉じて、ママと一緒に夢の世界へ

イギリスの絵本作家カール・ニューソンさんのお話に岡田千晶さんが絵をつけ、イギリスで刊行された絵本『For All the Stars Across the Sky』の日本語翻訳版『ゆめのとびらがひらくとき』が出版されました(本体1500円+税、岩崎書店)。

見開き

一日の終わり。こぐまのルナは、パジャマに着替えて、歯みがきをして、ベッドの中へ。ママの合図で目を閉じると、「おやすみなさい」を言う前にお願いごとをします。鳥のように空を飛びたい、お魚みたいに泳ぎたい、テントウムシみたいに小さくなりたい…ルナはママと一緒に、夢の世界で存分に遊びまわります。そしてそのまま、まどろみの中へ。

ページいっぱいに広がる美しい夢の情景と、詩情あふれる文章に、思わずうっとりしてしまう一冊。おやすみ前に読めば、きっと幸せな気分になれることでしょう。

<作者(絵)・岡田千晶さんからのコメント>
子どもの頃から野原の草花を見るのが好きで、虫のように小さくなった自分が野原で遊ぶことを空想していました。いつかそんな絵本を描きたいと、このお話をいただくずっと以前から、庭先や散歩中に虫目線の草花の資料をたくさん集めていました。今回それが実現して、とても楽しく描かせていただきました。

この絵本には、幼かった頃に空想して遊んだ様々な場面が展開します。寝る前に絵本を読み聞かせてもらっている子ども達のことを思いながら描きました。

翻訳は、『もうすぐもうすぐ』などで妻である岡田千晶さんとともに絵本を手がけられた、おかだこうさん。やさしくあたたかな語り口で、夢の世界へと誘います。夕暮れや星空の描写も美しい、大人も癒される珠玉のベッドタイムストーリーです。

▼岡田千晶さんのインタビューはこちら
「主人公の気持ちになって 絵本の世界を表現」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)