イチ押し絵本情報

うららかな春の空に、のんびり浮かぼう(新刊絵本のご紹介 Vol.179)

2018年4月23日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 うららかな春の空に、のんびり浮かぼう

内田麟太郎さんと村上康成さんの絵本『はるのごほうび』が出版されました(本体1300円+税、鈴木出版)。

見開き

春です。空にブタが浮かんでいます。ネコさんも? カエルさんも? どうして浮かべるんでしょう。それは、こいのぼりさんが教えてくれたんだよ…。

見開き

うららかな春の空に、のんびりぷかぷかと浮かぶ動物達。草原に寝転んだような気持ちよさを感じる絵本です。一緒にゆったりとした時間の流れに身をまかせたくなりますね。

<編集部からのコメント>
春になると、冬の間寒くて縮こまっていた身体がほどけていくように、ゆったりとした気持ちになります。春風にふかれながら空を見上げたら、ブタやネコやカエル達のように空に浮かべる気がしてきます。お出かけやお散歩の途中、子どもと空を見上げてみてください。春風をお腹いっぱい吸い込んだこいのぼりの周りにみんなが浮かんでいるかもしれませんよ。

村上康成さんの絵ですが、これまで以上にバックの白が効果的に使われています。特にカエルさんのページ!(見開き写真上)

▼内田麟太郎さんのインタビューはこちら
「詩の心でつづる 絵本の言葉」

▼村上康成さんのインタビューはこちら
「絵本を通じて“自分”を見つけてほしい」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)