イチ押し絵本情報

バナナにおまじないをかけたら、どうなった!?(新刊絵本のご紹介 Vol.177)

2018年4月9日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 バナナにおまじないをかけたら、どうなった!?

矢野アケミさんの絵本『バナナおいしくなーれ』が出版されました(本体1200円+税、大日本図書)。

見開き

バナナがおいしくなるおまじない、さあ、いくよ! 「バナンチョ バナンチョ おいしく な~れ~」。するとバナナが…あれ? おいしそうだけれど、これは…。

皮をむいて出てきたものは、意外…だけれど、思わず納得もする形の、おいしそうなものばかり。ちらっと見えたところで当てっこ遊びもできるおいしくて楽しい絵本です。

<作者・矢野アケミさんからのコメント>
マイクを持つように握って、するんするんと皮をむいて食べるバナナは、皮をむく食べ物の中でも独特の楽しさがあります。 絵本の中で、おいしくなるおまじないを唱えた後に出てくるものは、そんなバナナからするるんと出てきそうで、そしてバナナに負けず劣らずおいしいものを選びました。

え? ゴーヤは苦くて失敗じゃないかって? いえいえ、ちゃんと調理したら美味しくなります。でも、さすがに生ではねぇ…。お母さんならきっとおいしくしてくれるにちがいありません!

背表紙にはバナナから歯みがき粉。食べた後は歯みがきをお忘れなく、という感じもユーモアたっぷりで、最後まで楽しませてくれます。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)