イチ押し絵本情報

絵本で伝える虫歯の怖さ(季節のイチ押し絵本 Vol.133)

2017年5月23日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 絵本で伝える虫歯の怖さ

6月4日から10日までは、歯と口の健康週間。虫歯になるとどうなるか、ならないようにするためにはどうしたらいいかを知る、絶好の機会です。絵本の助けを借りて、ピカピカの歯を目指しましょう!

お菓子が大好きなたっちゃんに、虫歯ができてしまいました。たっちゃんは初めて歯医者さんに行きますが、歯をコツコツされると驚いて、口を閉ざしてしまいます。これでは治療できません。するとその夜、歯が痛み出して…。虫歯の怖さだけでなく、治療の大切さも教えてくれる絵本です。

4人家族の「むしばいっか」は、ケーキにクッキー、チョコレート、アイス、お団子など、甘いものが大好き! でも、歯みがきのせいで食べ物がなく、毎日おなかを空かせています。お父さんは家族の命を守るため、引っ越しを決意しますが…。歯みがきの大切さを虫歯菌からの目線で描いたお話です。

主人公は、強くて怖いばい菌「むしばミュータンス」。食事の後には歯みがきなんてしないで、甘いものをいっぱい食べて虫歯になろう!…と子ども達に勧めます。虫歯の怖さがとてもよくわかる、歯みがきが苦手な子どもにも効果てきめんな一冊。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)