イチ押し絵本情報

ユーモアたっぷり まねっこ遊び絵本(新刊絵本のご紹介 Vol.113)

2017年1月9日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 ユーモアたっぷり まねっこ遊び絵本

ヨシタケシンスケさんの新作『なつみはなんにでもなれる』が出版されました(本体1000円+税、PHP研究所)。

見開き

「おかーさん! すごくいいこと思いついたよ!」。元気いっぱい、なつみちゃんの新しいアイデアは、まねっこゲーム。体を使って、身近なもののまねっこをしますが、さて、何のまねっこをしているか当てられるかな?

なつみちゃんの子どもらしくて独自のセンスにあふれたまねっこは、かなり難易度高し。当てっこしながら読み終えたら、次は自分でやってみたくなること請け合いの、ユーモアたっぷりのまねっこ遊びの絵本です。

<担当編集者からのコメント>
『りゆうがあります』は23万部、『ふまんがあります』は16万部を突破し、今大人気のヨシタケシンスケさん。待ちに待った新刊は、くりかえしが楽しいまねっこ絵本です。

なつみちゃんは、「なんのまねをしているか、あてるゲームだよ!」と、おかあさんにクイズをだしていきます。なつみちゃんは、いろいろなまねをしていきますが、おかあさんはなかなか当てられません。 どこの家庭でもくりひろげられる、ほほえましい親子のやりとりも見どころです。

元気ななつみちゃんに対し、おかあさんのローテンションな表情や態度が、いかにもリアル! そう言いながらも最後まで付き合う姿に、等身大の愛情を感じますね♪


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)