イチ押し絵本情報

干支にちなんでトラの絵本(季節のイチ押し絵本 Vol.368)

2021年12月21日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 干支にちなんでトラの絵本

ね、うし、とら…2022年の干支「寅」にちなんでトラの絵本をずらりご紹介。さっそく読んだら、新年も開運間違いなし♪

だるまちゃんの友だちのとらのこちゃんは、トラの町のペンキ屋さんの子どもです。ふたりは黄色い泥と赤い土でペンキをつくって、松林や竹林、町中の道路や壁にどんどん模様を描いていきます。でも調子にのってタクシーの車体にも色を塗ってしまって…。子ども達が大好きな泥遊びやお絵描きが、最後にはすてきな仕事に発展する楽しいお話です。

インドのジャングルに住んでいた、年老いて骨と皮ばかりのトラは、宮殿で豪華な食事をする王さま家族がうらやましくてなりません。ある日、宮殿の庭にトラの毛皮が干されているのを見て、トラはとんでもないことを思いついて…!?

昔々、深い山奥に一匹の大きなトラが住んでいました。ある日お腹をすかせたトラは山を下り、小さな家を見つけました。家の中からは赤ん坊の泣き声と、それをあやす母親の声が聞こえてきます。「坊やの泣き声を聞いてオオカミが来る」「トラが来る」と言っても泣き止まない赤ん坊。それが「干し柿」と聞いて黙ったものですから、トラは干し柿が自分より恐ろしい何かだと勘違いして…。韓国で語り継がれてきた、愉快な昔話です。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)