イチ押し絵本情報

氷に乗ってやってきた幻想的なサーカス(新刊絵本のご紹介 Vol.169)

2018年2月12日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 氷に乗ってやってきた幻想的なサーカス

庄野ナホコさんの絵本『北極サーカス』が出版されました(本体1500円+税、講談社)。

見開き

クジラに引かれて、はるか北の氷の国から、サーカス団がやってきた。
「よぉぉこそ 北極サーカスへ!」
ホッキョクオオカミの団長の口上で始まったのは、ホッキョクグマの優美なアイスダンスに、ホッキョクウサギの炎の輪くぐり、ホッキョクギツネの空中ブランコ…。

氷に乗ってやってきた、優美でノスタルジックで幻想的なサーカスを、青と白を基調とした魅力的な絵で描いた一冊です。

<作者・庄野ナホコさんからのコメント>
『北極サーカス』の原型となったものは、10年くらい前に描いた氷山の上のサーカステントの絵でした。そこからできたお話を、編集の方のお力添えもあり、ようやく本という形にすることができました。

子どもの頃、バレエの舞台を見て、すばらしい踊りに胸がいっぱいになったことがあります。美しさ、楽しさだけではなく、切ないような気持ちが混じっていました。この本で、そんな舞台が描けていればよいな、と思っております。

ページをめくるだけで、夢のような世界に連れて行ってくれる絵本。じっくり絵を味わいながら、独特の世界に浸りましょう。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)