イチ押し絵本情報

たまごをとんとん、なでなでしてみると…(新刊絵本のご紹介 Vol.162)

2017年12月18日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 たまごをとんとん、なでなでしてみると…

風木一人さんの文、たかしまてつをさんの絵による絵本『たまごがあるよ』が出版されました(本体900円+税、KADOKAWA)。『とりがいるよ』の続編となる赤ちゃん絵本です。

見開き

たまご たまご、たまごがあるよ。とんとんって たたいてみて。ページをめくると、たまごの中からちっちゃな鳥が生まれます。大きなたまごや七色のたまごからは、どんな鳥が生まれるかな?

一緒にとんとん、そおっとなでなで。ことばのリズムと動きを、赤ちゃんと一緒に楽しみましょう。

<作者(文)・風木一人さんからのコメント>
赤ちゃんとぼく(40代男性)では全然違います。でも共通点を見つけられた時、ご褒美のように赤ちゃん向けの絵本をつくらせてもらえると感じています。この絵本では「たまごが割れて何か生まれてくる楽しさ」が共通点。絵本のたまごを、とんとん、なでなで、してみてください。ページをめくると、きっと、赤ちゃんもママもにこにこ笑顔になりますよ!

<作者(絵)・たかしまてつをさんからのコメント>
たまごの形って描くのがとても難しいんです。真ん丸でも楕円でもない、眺めているとなんだか安心できて、思わず触ってみたくなる絶妙な形。そして、そんなたまごの中から生まれてくるものを描くのがこれまた難しい。だって、きっとかわいいものが生まれてくるぞって期待されてますから。ページをめくった時に思わず「わあ、かわいい!」って喜んでもらえるよう描けたと思います。見てみてね!

たまごの中から生まれてくる鳥のかわいさ、そしてそれを見てにっこりする赤ちゃんのかわいさに、読み聞かせするママやパパも癒されることでしょう。ファーストブックや出産祝いのプレゼントにもおすすめですよ。

▼風木一人さんのインタビューはこちら
「大好き!と思えるものを絵本の題材に」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)