イチ押し絵本情報

人気シリーズ、今度は雲の上の不思議な家へ(新刊絵本のご紹介 Vol.148)

2017年9月11日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 人気シリーズ、今度は雲の上の不思議な家へ

いわいとしおさんの縦に開く人気絵本「100かいだてのいえ」シリーズに新作が登場しました。タイトルは『そらの100かいだてのいえ』(本体1200円+税、偕成社)。『100かいだてのいえ』『ちか100かいだてのいえ』『うみの100かいだてのいえ』に続く、シリーズ第4弾です。

見開き

ある寒い雪の日のこと。おなかを空かせたシジュウカラのツピくんは、ひと粒のひまわりの種を見つけます。花を咲かせて、種を増やすことを思いつくと、植える場所を探しに空へと飛び立ちました。そして、雲の上に不思議な家を見つけて…。

空の家に暮らすのは、くもさん、あめさん、にじさんなど、自然現象をモチーフにしたキャラクター達。雨水をかけてくれたり、暖かい風を吹かせてくれたりと、様々な方法でツピくんを応援してくれます。

<作者・いわいとしおさんからのコメント>
『そらの100かいだてのいえ』の主人公ツピくんは、わが家の庭によくやってくるシジュウカラという小鳥です。最初、主人公に人間の男の子を考えていた時期もあったのですが、結局人間はいっさい出さないことに決めました。人の知らないところで、自然の営みは常にぐるぐる回っています。その、大きな循環をのぞきみるような感覚を出したいと思ったからです。あと、この絵本では、1日の時間も、季節も回って、物語の最初と最後がぐるっとつながるように描きました。ツピくんと一緒に、そうした時間の流れも楽しんでもらえるとうれしいです。

各階の細やかな描き込みも見ごたえ抜群! どの部屋にも物語が感じられます。最上階に誰が待っているかは、読んでからのお楽しみです♪

▼いわいとしおさんのインタビューはこちら
「制限の中でこそ、新しいアイデアを」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)