イチ押し絵本情報

100円で何が買える? お金の値打ちを考えよう(新刊絵本のご紹介 Vol.114)

2017年1月16日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 100円で何が買える? お金の値打ちを考えよう

中川ひろたかさんの文、岡本よしろうさんの絵による新作『100円たんけん』が出版されました(本体1300円+税、くもん出版)。

見開き

コンビニで、お菓子を100円分買ったことをきっかけに、お金に興味をもったぼく。100円ショップでは、スポンジもフライパンも100円だったけど、よそのお店なら100円で何が買えるかな? ぼくとお母さんは、商店街を探検してみることにした。 名付けて“100円たんけん”!

豚肉と牛肉では100円で買える量が違う。ピーマンなら5個買えるけど、トマトは1個しか買えない…子ども達にとって身近な値段「100円」で買えるものを比べながら、お金の役割やものの値打ちについて、考えるきっかけとなる一冊です。

<作者・中川ひろたかさんからのコメント>
ぼくは昔「りんごの木こどもクラブ」の教室で、実際に子ども達と一緒に“10円たんけん”をやっていました。商店街を「〇〇を、10円分ください」と言って歩くのです。

むきえびなら2匹、かりんとうなら3個…同じ10円でこんなにも数や量が違うんだと、子ども達は知ります。そこから、ものの「価値」に気づきます。ぼく達は、そのものがその値段に見合った「価値」があるのかを判断しながら、ものを買っています。それは、とりもなおさず、経済の基本です。

この絵本も、値段のついたひとつの商品。値段に見合った内容かどうかは、読者の皆さんの判断にゆだねられています。きびしい~!

絵本を見終わると、子どもはすぐにでも100円玉を握って探検に出かけたくなることでしょう。お金の価値を知る絶好の機会です。さっそく出かけてみましょう!

▼中川ひろたかさんのインタビューはこちら
「絵本や歌は、親子が仲良くなるための道具」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)