イチ押し絵本情報

女の子心をくすぐる、かわいらしいお話(ロングセラー&名作ピックアップ Vol.81)

2016年5月19日

毎週木曜日は、ママ世代にとっても懐かしい、世代を超えたロングセラー&名作絵本をご紹介します。

 女の子心をくすぐる、かわいらしいお話

今回ご紹介するのは、どいかやさんの代表作『チリとチリリ』。現在6作目まで出版されている人気シリーズの1作目です。

チリとチリリは天気のいいある日、自転車で出かけることにしました。森の中を走っていると、森の喫茶店に到着します。おなかが空く時間には森のサンドイッチ屋さん、夕暮れ時には森のホテル…ふたりはそれぞれの場所で、すてきなひとときを過ごします。

見開き

「チリチリリ チリチリリ」と自転車の音がかわいらしく響きます。ふたりの名前もそこからきているのでしょう。おかっぱ頭でおそろいの服を着た、そっくりのふたりですが、足元をよく見てみると、ひとりはタイツ、ひとりはズボン。そう、じつはこのふたり、女の子と男の子なのだそうですよ。


作者のどいかやさんは自然に囲まれた暮らしの中で、絵本づくりを続けていらっしゃいます。「森の中には、私達が知らないあんなことやこんなことがあるかもしれない…」。『チリとチリリ』は、そんな空想がきっかけとなって生まれたそうです。

色鉛筆のやさしいタッチで描かれるあたたかな色彩の世界は、どのページを開いてもかわいらしさいっぱいで、女の子の心を魅了します。こんな喫茶店に行ってお茶してみたいな。こんなおいしそうなサンドイッチ、食べてみたいな。こんなすてきなホテルに泊まってみたいな…読み聞かせをするママ達も、思わずうっとりと夢見てしまうことでしょう。

お話は、これといった事件が起こるわけでもなく、淡々と平和に進んでいきます。起承転結のはっきりしたストーリーがお好みの方には物足りないかもしれませんが、その穏やかな雰囲気こそがこの絵本の魅力。ドキドキハラハラはないものの、お気に入りのものに囲まれてゆったり過ごすような安心感を味わえる一冊です。

<ミーテ会員さんのお声>
最近ハマっているのが、どいかやさん! 娘より私が癒されてるのかなぁ。絵のタッチもすてきだし、全体のあたたかい雰囲気がたまらない。『チリとチリリ』、読むほどに絵本の中に入りたくなります。(2歳7か月の女の子のママ)

どんぐりコーヒーに、れんげティー、はちみつパンのくわのみジャムサンドや、きなこパンのくりジャムサンドなど、「こんなのあったら食べてみたい!」と思わせるメニューもこのシリーズの見どころ。『まちのおはなし』『うみのおはなし』『はらっぱのおはなし』など、シリーズは全6作。季節に合わせて、それぞれの世界をお楽しみください。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)