イチ押し絵本情報

新緑の季節に読みたい、木の絵本(季節のイチ押し絵本 Vol.79)

2016年5月3日

毎週火曜日は、季節にぴったりのおすすめ絵本をご紹介します。

 新緑の季節に読みたい、木の絵本

新緑の美しい季節になりました。さわやかな風に吹かれてざわめく木々は、元気よく遊ぶ子ども達をやさしく見守ってくれることでしょう。絵本の中にも魅力的な木がたくさん登場します。お気に入りの木を探してみてくださいね。

『あかいふうせん』などで知られるイタリアの作家イエラ・マリさんによる、字のない絵本。春、夏、秋、冬…移り変わる季節の中で、1本の木とそれを取り巻く生きものや自然の様子を美しく描きます。

かおるは「大きな木がほしいなあ」と、ため息をつきます。大きな木があったら、リスや小鳥が訪ねてくることでしょう。はしごをつけて小屋を建てて、その上には居心地のいい見晴台も! 四季それぞれに、かおるの想像はふくらみます。

こんもり、かっちり、とんがり、ほんのり…「○○り」ということばとともに、春夏秋冬、14本の個性豊かな木がずらり。全部開けば、色とりどりの紙のコラージュで描かれた美しい並木道のできあがり。立てて飾れるジャバラ絵本です。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)