イチ押し絵本情報

大切な友だちへ、とびきりのサプライズ!(新刊絵本のご紹介 Vol.70)

2016年3月7日

毎週月曜日は、注目&話題の新刊情報をご紹介していきます!

 大切な友だちへ、とびきりのサプライズ!

内田麟太郎さんの文、降矢ななさんの絵による人気シリーズ「おれたち、ともだち!」の最新作『いつだって ともだち』が出版されました(本体1000円+税、偕成社)。

見開き

近頃、仲良しのオオカミの様子がとっても変なので、キツネは気がかりでなりません。遊ぼうとしても、居眠りばかりなのです。キツネはオオカミが隠れて穴を掘っていることを突き止めますが、何のために掘っているのか、オオカミは教えてくれません。さらに、クマやイノシシやヘビなど、森じゅうのみんながキツネと遊んでくれなくなって…。

ひとりぼっちになった気分で落ち込むキツネですが、はたして、オオカミがやろうとしていたこととは…? 最後にはとびきりうれしいサプライズが待っています!

<作者・内田麟太郎さんからのコメント>
いつもいつも恐ろしい顔つきのオオカミウオだって、好きな人がにっこり笑ってくれたら…。子猫よりもかわいいお顔になるのではないでしょうか。いいえ、ひげぼうぼうの毛ガニだって、次の日は脱毛のすべすべお顔になっちゃうかもしれません。

オオカミも大好きなキツネのよろこぶ顔が、きっと見たかったのでしょう。
(さて、どうすれば…)
オオカミは、ポンと手をたたきました。

『ともだちや』から始まったこのシリーズもこの作品でもう12作目。シリーズ通して読めば、いろんな視点から「友だちとは?」を考えられますよ。

▼内田麟太郎さんのインタビューはこちら
「詩の心でつづる絵本の言葉」
▼降矢ななさんのインタビューはこちら
「子どもは必ず見つけてくれる 絵本の中に潜んだ“遊び”」
※「おれたち、ともだち!」シリーズについては、いずれもインタビュー後編に記載


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)