イチ押し絵本情報

どんなに好きか、比べっこしよう(ロングセラー&名作ピックアップ Vol.66)

2016年2月4日

毎週木曜日は、ママ世代にとっても懐かしい、世代を超えたロングセラー&名作絵本をご紹介します。

 どんなに好きか、比べっこしよう

今回ご紹介するのは、サム・マクブラットニィさんとアニタ・ジェラームさんによる絵本『どんなにきみがすきだかあててごらん』。53か国語に翻訳され、全世界で2800万部を超えるベストセラーです。1995年に日本に紹介されました。

小さな茶色い野ウサギは、両手をせいいっぱい広げて、大きなウサギに言いました。「きみのこと、こんなにすきだよ」。すると大きなウサギも両手を広げて、「でも、ぼくはこーんなにだよ」と言います。そこでチビウサギは…。

見開き

内容は実にシンプルです。自分が相手のことをどれぐらい好きか、体をいっぱい使って表現しあうことの繰り返し。その飾り気のない文章で、大切に思う相手に自分の気持ちを伝えることの大切さを描いて、世界各地の幅広い世代に支持されてきた作品です。多くの親子が「どのくらい相手を好きか」と比べっこをして、幸せな気分になったことでしょう。

ストーリーのシンプルさと共に、素朴であたたかみのある絵も魅力のひとつです。同じ英国のウサギ、ピーターラビットを想起させる淡い色彩で描かれた水彩画が、物語の世界へといざないます。

ところで、この2匹は親子なのでしょうか? それとも友だち、恋人、夫婦…。絵本を読んでもはっきりとはわかりません。

作のマクブラットニィさんは、イギリスの新聞・インデペンデントのインタビューで、自分の子どもや孫との関係を引き合いに出しながら、父親は母親よりも愛情表現を表に出すことが少なく、よくこの2匹は父親と子どもだと言われると話しています。しかし、何回読んでも「野ウサギの性別を特定することはできませんでした。ゆえに、普遍的な魅力を持つと言えるのでは」と語っていらっしゃいます。

<ミーテ会員さんのお声>
長男が産まれたとき友人にいただいた本。当時の私は特に絵本に興味なく、内容をみても「ふーん」という程度だった。が、今回は長男と長女が「かあちゃんのこと、宇宙に行って帰って行って帰って行って帰って…くらい大好き!」とお互い競って言ってくれた。母ちゃん感動…。(1歳1か月、8歳6か月の男の子、5歳10か月の女の子のママ)

メッセージ性豊かな作品ゆえに、贈った、いただいたという方が多いのでは? ボードブックやポップアップブックのほか、『どんなにきみがすきだかあててごらん はるのおはなし』など春夏秋冬に合わせた作品も出版されています。


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)