イチ押し絵本情報

おじいちゃんのやさしい“おまじない”(ロングセラー&名作ピックアップ Vol.37)

2015年7月9日

毎週木曜日は、ママ世代にとっても懐かしい、世代を超えたロングセラー&名作絵本をご紹介します。

 おじいちゃんのやさしい“おまじない”

今回ご紹介するのは、男の子とおじいちゃんの心の交流を描いた『だいじょうぶ だいじょうぶ』。今年で出版20周年となる、いとうひろしさんの人気絵本です。

小さい頃、おじいちゃんと毎日のように散歩を楽しんでいた男の子。おじいちゃんとの散歩は、新しい発見や出会いがいっぱいあって、遠くの海や山を冒険するような楽しさにあふれていました。困ったことや怖いことに遭遇して、不安な気持ちになることもあったけれど、そのたびに、おじいちゃんが手を握り、おまじないのようにつぶやいてくれました。「だいじょうぶ だいじょうぶ」と…。

おじいちゃんのやさしい“おまじない”に励まされ、男の子は強くしなやかに成長していきます。大きくなった男の子がおじいちゃんに言葉をかけるラストシーンには、思わず涙した人も多いことでしょう。

見開き

ほのぼのとしたタッチで描かれた、大人の心にも響く一冊ですが、作者のいとうひろしさんは「踏み込んで考えてみると、一筋縄ではいかない内容」とおっしゃいます。

「子どもに『大丈夫』と言う、その裏側にあるのは、大丈夫だと思えるような環境をつくらなきゃいけないってこと、そういう責任を引き受けるだけの覚悟が必要だっていうこと」 「どんな状況にあっても、子どもに余計な不安をかけさせない。それだけの覚悟を持って、『大丈夫だよ』って言ってほしい」
(いとうひろしさんのインタビューより抜粋)

そんな深いメッセージが込められているからこそ、多くの人の心を捉えるのかもしれません。

<ミーテ会員さんのお声>
ずっと気になっていた絵本『だいじょうぶ だいじょうぶ』を購入しました。ぐっときた絵本はこれまでも何冊かあったけど…絵本で泣いたのは初めて(;_;)「だいじょうぶ」っていう言葉に、これまでママもよく励まされました。今後、息子が何かでつまずいた時、「だいじょうぶ だいじょうぶ」と言って見守れる親になりたいな。(1歳5か月の男の子のママ)

「だいじょうぶ だいじょうぶ」…何度もつぶやいていると、なんだか心が軽くなってくる、すてきな言葉です。子どもとの絵本の時間に楽しむだけでなく、ひとりの時間にそっと開いてみるのもいいですね。

▼いとうひろしさんのインタビューはこちら
「自分で見つけよう 絵本の中の楽しみ」


ページトップへ

会員登録後は、名作絵本や「絵本子育て相談室」など、様々な絵本情報をご覧いただけます。(平日毎日、更新!)